This project is read-only.

導入(開発者向け)

FlMMLは!ActionScript 3.0で動くライブラリです。
開発には「Flex SDK 3.2」以降の!ActionScript 3.0をコンパイルできる環境が必要になります。
このページではWindowsのFlex SDK 3.2でビルドが通るようになるまでの簡単な解説を行ないます。

ビルド環境

最初に Flex 3.2 SDK をインストールします。
ActionScript 3.0メモAS3S.ORGが参考になると思います。

次にid:secondlifeさんの開発したrascutをインストールします。
これは必須ではありませんが、開発効率が段違いに向上するので入れておきましょう。
てっく煮ブログさんのActionScript やるなら入れとけ。rascut 導入と使い方。が参考になります。
rascutインストール時にnmakeが無いとかなんとか言われたら、gem update --systemを実行するとうまくいくかもしれません。
note.xさんの情報によると最新版を入手するにはこちらの方法が良いようです。

ここで簡単なサンプルをビルドして、セットアップが無事に終了していることを確認しましょう。
サンプルは先ほどのActionScript 3.0メモの中にあるものをオススメします。

Subversion

FlMMLはCodeRepos上のSubversionリポジトリを借りて開発しています。
最新バージョンを簡単に取得するため、Subversionクライアントをインストールしましょう。
Windowsで動くクライアントではTortoiseSVNが有名です。
Gentoo SideさんのTortoiseSVNのインストールと設定が分かりやすいと思います。

Subversionクライアントのインストールが終わったらソースコードをチェックアウトします。
https://flmml.svn.codeplex.com/svn/trunk/src
以下をチェックアウトします。

ビルド

フォルダ構成が以下のようになっていればOKです。
com/
flmml.mxml
flmml.swf
いよいよビルドです。
アクセサリ→コマンド プロンプトを開き、CD`で先ほどのフォルダに移動します。
そして以下のコマンドを入力。
rascut flmml.mxml -c "-target-player=10.0.12"
以上でflmml.swfが新しくビルドされるはずです。

Last edited Feb 5, 2011 at 10:59 AM by tekisuke, version 3

Comments

No comments yet.